観光タクシーを利用する際は車種の確認もしておきましょう

旅先で便利な観光タクシー、みなさんの中にも実際に利用したことがある人がいるかもしれません。また、これから利用を考えている方もいるでしょう。観光タクシー会社ではそれぞれサービスを提供していますので、その中から自分に合ったものを選択することが大切です。
そしてもう1つ大切なことがあり、それがタクシーの車種になります。タクシー会社によって用意している車種が異なりますので、車種についての確認もわすれないでください。タクシー会社では、小型タイプと中型タイプのタクシーを用意しているところが多いですが、それ以外の車種を取り揃えている会社も少なくありません。

車種はそれぞれの会社によって異なりますが、その1つがハイヤータイプの車です。ハイヤータイプの観光タクシーというと、VIP顧客の送迎や大切な顧客の接待、会社訪問、会社見学など、様々なビジネスシーンで良く利用されています。このように、幅広い場面で活用ができるのがハイヤータイプ観光タクシーの特徴だと言えます。
ハイヤータイプは、タクシー特有でもある車輌上部の看板がついておらず、基本的には黒塗りの車輌が基本となっています。また、高級車が多く、クラウン、フーガ、レクサスLS、メルセデス・ベンツなど、有名な高級車種がたくさんあります。観光タクシー会社によって用意している車種は異なりますが、様々な高級車を取り揃えているところが多いです。
会社によっては、送迎したい相手に合った車種を選択できるところもありますので、費用削減も可能です。また、大切な人と一生の思い出に残る時間を過ごしたい方にもオススメです。

観光タクシー会社では福祉タイプの車を用意しているところもあります。福祉タクシーは、車椅子方や高齢者の方が対象になった観光タクシーです。
車内は、体が不自由な人たちのために合わせた作りになっていますので、乗り降りなども楽にカンタンにできるのが特徴です。また、車椅子のままで乗り入れが可能ですので、家族の旅行にも欠かせないものとなっています。

最後はジャンボタクシーです。ジャンボタクシーは、10名未満の団体客が対象になったワゴン型の観光タクシーになります。車の中は完全なプライベート空間になっていますので、仲間で自由に利用できるのが特徴です。
旅先での観光の移動手段、スキーやゴルフなどの荷物が多いレジャー、夏場のキャンプなど、様々なシーンでの活用が可能です。その他にも、研究施設などへの研修視察や、接待客の移動など、ビジネスシーンでも大丈夫です。